厳しさが愛?

「愛とは成長を促すもの」「成長に繋がるもの」「厳しさが愛」と
以前のブログ  http://cosmicmother.co.jp/blog/love1/ に書きました。

その厳しさを使う時、時に間違え、失敗してしまうことがあります。

 

相手のためを思って!が
自分の体裁を守るためだったり

相手によかれと思って!が
自分の都合のいいように支配したかったり。

子供ごころは、巧妙に美化し、ウソと言いわけを言い
本音を覆い隠します。

心の奥に
「いじわる」「攻撃」「批判否定」「しっと」を隠し

講座の中で習ったばかりの「厳しさが愛」を、乱用することがあります。

 

「それはあなたの投影でしょ!」
「それはチャイルドね!」

カウンセラーとして人にアドバイスする時、
自分はどんな思いで言ってるのかを
よーく感じてから言葉を発することはとても大切です。

 

「それはあなたの投影でしょ!」
「それはチャイルドね!」

 本音は ↓↓↓

「まだこの程度なの?」
「物覚え悪いわね!何回言ったらわかるの!」を隠している

 

アドバイスされる方は敏感にそれを感じ
もうこれ以上この人に言っても理解されないと
心を閉ざします。

 

カウンセラーやセラピストが
よく陥りがちな失敗、です。

 

どんなに子供ごころが大きく見えても
最初は寄り添うことがとても大切。

 

そして、自分にも、厳し過ぎないように。。。

 

相手の現在地をしっかり見極め
次の一歩に繋がる、わかりやすいアドバイスと指導ができるよう

日々自分と向き合い、自分の子供ごころをしつけて育てていきたいですね。

 

関連記事

  1. 依存と愛

  2. 入門講座の感想

  3. ダメ愛と真の愛

  4. 初級講座の感想

  5. 過去は変わる

  6. 結果は目的